赤ちゃんグッズを揃えたいならたまひよショップがお勧め

赤ちゃんとママのために

赤子

生活に合わせたものを

赤ちゃんを抱っこするのに何も使わない、という人も多いかもしれませんが、長時間抱き続けたり、ちょっとしたことをするときに手が空いた方が良いという場合には抱っこ紐を購入すると良いでしょう。抱っこ紐があるだけで、ママも楽に赤ちゃんを抱っこすることができるようになります。抱っこ紐と一言で言っても多くの種類があるので、選ぶ基準がわからなくなってしまうかもしれません。基本的に生後1カ月程度まではママも赤ちゃんの側につきっきりになりますし、里帰り出産などの場合にはサポートしてくれる人もいますので、抱っこ紐は必要ないという人も少なくありません。そのため、生後1〜2か月頃からの自分の生活を考えて購入するようにしましょう。例えば、昼間に赤ちゃんのお世話ができるのがママだけで、検診などにも一人で公共交通機関を利用して出かけなければいけない場合には、首の座らない赤ちゃんでも利用できる横抱っこが出来るものを選択しておくと良いですし、長時間赤ちゃんを抱っこする時間があると考えられる場合には、赤ちゃんだけではなくママの負担を軽減することができることができる点も大切です。そんな時には、肩だけではなく、腰でも赤ちゃんの体重を支えることができるタイプの物を選ぶようにしてみましょう。また、赤ちゃんのお世話を一人でする時間が長いのなら、簡単に着脱できるタイプを選ぶこともママの負担を少なくし、楽しく育児をするためには大切なポイントになります。