赤ちゃんグッズを揃えたいならたまひよショップがお勧め

子供の世話にも活用

玩具と赤ん坊の手

ミルクや離乳食に使おう

生まれて間もない赤ちゃんは、主に母乳やミルクを中心に栄養を摂っています。ほぼ母乳だけで育児をしている家庭もあれば、粉ミルクに頼っている家庭も少なくありません。粉ミルクに頼っている家庭で大変なことは、ミルク作りのためにお湯を沸かすことから始めて、粉ミルクを溶かし、それを冷ますまでの手間や時間がかかることです。その間、赤ちゃんはミルクが欲しくて泣きっぱなしになっている状態であり、ミルクを作る親としても気持ちが焦ってしまうことが多くあります。そこで最近、赤ちゃんがいる家庭に需要が高くなりつつあるアイテムがあります。それが、ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーと聞くと、病院などの施設や食事をするお店にあったり、また大人が美味しい水を飲みたいがために家庭に置いていることが主でした。しかし最近は、ウォーターサーバーの水やお湯を赤ちゃんのお世話に使用することで、親のお世話の負担を減らすことができると注目を浴びています。ウォーターサーバーの特徴は、各メーカーが美味しさにこだわった水を、好きな時に好きな温度で提供することができるのが特徴です。また、日本人が好む軟水を提供しているメーカーがほとんどですので、赤ちゃんの体にも負担をかけることはありません。お湯も100度の熱湯ではなく、粉ミルクが溶けるギリギリの温度に設定しておくことで、ミルクを作る時間を短くすることができます。また、離乳食作りにもこのことが応用できますので、ウォーターサーバーは赤ちゃんがいる家庭には重宝されます。